30代男性必見!肌のエイジングケアは何から始めればいい?

30代に突入し、シミやシワ、顔のたるみが気になってきたという男性も多いのではないでしょうか。または「エイジングケアって何歳から始めればいいの?」という若い世代も多いかもしれません。今回はそんなの男性のために最新のエイジングケア方法やおすすめメンズ化粧水をご紹介していきます。

男性のエイジングケアは何歳から始めるべき?

テレビやCMで「エイジングケア」という言葉はよく耳にするけれど、「自分には関係ないかな」と思っている男性も多いですよね。しかし、帰宅して洗面台の鏡を見てみれば「あれ?ちょっと老けたかな?」と悩み始めた男性も多いのではないでしょうか。

エイジングケアやアンチエイジングというと、女性だけのもののようなイメージを持つ方も多いです。しかし、近年では美容意識の高い男性のニーズによって化粧水や美容液、美顔器など、メンズ向けのエイジングケア用品は多様化してきています。

昔からよく「25歳はお肌の曲がり角」といわれます。20代後半から、今までなかった箇所の毛穴の開きや目周りのくすみを感じ始めた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。このように人は男女ともに20歳頃から「体内酵素」が減少し始めることによって「老化現象」が起こり始めます。

体内酵素は「代謝酵素」と「消化酵素」に分けられます。年齢とともに消化がしづらくなって胃もたれを起こしやすくなった、という話はよく聞きますが、これは「消化酵素」の減少によって引き起こされるものです。そして、「代謝酵素」が減少すると10代の頃よりも傷の治りが遅くなったり、細胞の酸化が進みやすくなったりしてしまいます。このことにより、20代のうちから肌の老化も進んでしまうのです。

また、肌本来の保湿成分量も20歳をピークに減少していきます。20代後半~30代前半になると乾燥肌に悩む人は、男女ともに増えてきますよね。だからこそ20代後半、30代前半のうちからエイジングケアを始めるのがおすすめなのです。

男性のエイジングケア、女性と何が違う?

男性の平均的な「角層細胞面積」は、女性の2分の1の面積しかありません。このことにより、男性は女性の2倍以上水分の蒸発が進みやすいといわれています。

角層細胞とは、表皮細胞が分裂し肌の表面に上がってきた細胞のことを指します。この細胞は外的刺激(紫外線やカミソリの刺激など)を受けると肌が危険を察知し、早く細胞分裂を起こすことで面積が狭く未成熟な状態で肌の表面まで上がってきてしまいます。このことにより、保水力が不十分な肌が育ってしまうということです。

男性と女性の肌の保水力は、例えば女性が化粧水を塗ってから5分以内に水分が蒸発してしまうのであれば、男性は2分半以内に水分が抜けきってしまいます。

だからこそ男性は、“肌の保水”に特化したスキンケアを行いましょう。20代後半~30代前半にかけて男性の肌はより敏感になっています。肌の老化を防ぐためにもアンチエイジング効果のあるスキンケア用品を使って正しいスキンケアを行いましょう。

30代から始めたいおすすめスキンケア方法

シミ・シワ・たるみなど、男性の肌悩みも女性と同様、年齢とともに増えていきます。次に大人男性におすすめのスキンケア方法をご紹介していきます。特に乾燥が気になるという方は「美容液」も取り入れることでより保水力の高い肌をつくることができます。

1. 洗顔

37℃程度のぬるま湯でやさしく顔をすすいで、十分に泡立てた洗顔料を顔につけて泡を動かすように顔を洗います。その後、洗い残しのないようしっかりすすぎます。

2. 化粧水

洗顔後なるべく早く化粧水をとり、500円玉くらいの量を手に出して手の中で一度伸ばし、顔全体を包み込むようにしっかり馴染ませます。より水分を長く保ちたいのであれば、コットンを使うのがおすすめです。中指と薬指の上にコットンをのせ、同じく500玉くらいの量の化粧水をしみ込ませます。肌の上に置くようなイメージで丁寧にパッティングすることでより水分を長く維持することができます。

3. 美容液

それでも乾燥が気になる場合はヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが配合されている美容液を使ってみましょう。美容液ならより高濃度な成分を肌に取り込むことができます。また、アンチエイジング効果という意味では肌のハリや弾力を助ける「レチノール」が配合されている美容液や目元専用のアイクリームなどもおすすめです。

4. 乳液

化粧水、美容液でたっぷりと水分を補ったら、次は油分で肌表面に膜を張りましょう。そうすることで水分が逃げにくくなります。乳液や保湿クリームなどの油分のある保湿剤はスキンケアの最後に取り入れるようにしましょう。

日焼け止めの重要性を解説します

スキンケアの方法をご紹介しましたが、朝はこのステップの後に「日焼け止め」を使うと、より若々しい肌を維持しやすくなります。

紫外線は家の中でも、曇りの日でも常に降り注いでいます。人は紫外線を浴び続けると肌のキメが乱れ、肌にごわつきが出てきます。加えて、くすみや乾燥、シミ、シワ、たるみの原因にもなります。近年ではUVケアに注目する男性も増えてきましたが、使用率は全体で見るとそう多くありません。

メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」が2018年に行った調査では、20代~40代の男性に「あなたは日焼けしたいと思いますか?」という問いに対し7割が“否定的(したくない)”な意見を示しました。しかし、肝心の「紫外線対策」については“行っていない”という人が約7割もいた、という結果が出ています。

このように、紫外線による肌への影響を気にしつつも、UVケアは行えていない人がほとんどなのです。

男性がUVケアを行わない主な原因は「面倒臭さ」と、日焼け止め特有の「ベタつき」だといわれています。近年では、塗って数十秒でベタつきが気にならなくなるような肌に馴染みやすいジェルタイプの日焼け止めも多く販売されています。肌に馴染みやすく使いやすいポンプ式の日焼け止めを玄関先に1つ置いておいておけば、日焼け止めが苦手な方でも日常に取り入れやすくなるのでおすすめです。

30代以上の男性必見!おすすめエイジングケア化粧水を紹介

次に、朝・夜のスキンケアで取り入れたいエイジングケア化粧水をご紹介していきます。毎日、化粧水でしっかりと水分を取り込むことで肌のキメが整っていきます。化粧水の習慣は肌をキレイにする初めの第一歩として、ぜひ取り入れてみてください。

菊正宗 日本酒保湿化粧水 しっとり for MEN 150ml

菊正宗 日本酒保湿化粧水 しっとり for MEN 150mL

圧倒的な保水力が魅力の「菊正宗 日本酒保湿化粧水 しっとり for MEN」は、有名酒造の「菊正宗酒造」から販売されている化粧水と乳液が一つになった“いいとこ取り”の商品です。乳液タイプですが重々しくなく、しっかりと水分が補給されていく感覚があるのが人気の秘密です。「スキンケアが面倒」、「乾燥が気になってきたけどスキンケアをする時間がない」という方にはこのようなオールインワンタイプもおすすめです。

オーシャントリコ スキンローション 140ml

created by Rinker
¥2,580 (2024/06/23 11:19:21時点 楽天市場調べ-詳細)

スプレータイプでいつでもどこでも肌の水分補給ができる「オーシャントリコ スキンローション」は10種類以上の美容成分とコラーゲン、そして抗酸化作用がありニキビ肌の改善にも期待ができる「水溶性プラセンタエキス」を配合。鮮やかなブルーのスタイリッシュなパッケージと、確かな有効成分が高評価の理由です。無香料タイプなので香りも気にせず使用することができます。

EVERSKIN オールインワンジェル 200ml

created by Rinker
¥1,780 (2024/06/23 11:19:21時点 楽天市場調べ-詳細)

1本で5役の最強オールインワン「EVERSKIN オールインワンジェル」は、幅広い世代に人気の商品です。この化粧水は、化粧水・美容液・乳液・クリーム・アフターシェーブローションが1つになった優れもので、「ヒアルロン酸Na」、「セラミドNP3」、「サクラン」といった保湿成分もたっぷり配合されています。なかでもサクランはヒアルロン酸の約5倍の保水力があるため「季節問わず乾燥が気になる」という人に特におすすめです。紫外線吸収剤やアルコールも入っていないため、敏感肌の方にも人気があります。

自分に合ったエイジングケアを見つけよう

今回は、エイジングケアを始める時期や、男性と女性のエイジングケアの違い、おすすめのスキンケア方法とそれに合わせたメンズ向けエイジング化粧水をご紹介しました。

加齢に伴う肌の悩みは一朝一夕で解決できる問題ではありません。自分に合ったスキンケア方法を見つけながら、生活習慣も整えて気長にケアすることではじめて今より若々しく潤いのある肌をつくることができます。

ぜひ今から続けられるエイジングケア習慣を見つけてみましょう。